目元が輝く二重整形の魅力と方法|美EYE美人

整形の方法

男性医師

二重整形をしたいと思っているのなら、まずどんな種類の二重整形があるのか確認しておかなくてはいけません。それをしっかり把握してから自分ならどの施術を受けると後悔しないのかを考えてみましょう。
二重整形といっても最もカンタンにできる方法が美容外科やクリニックで行われている埋没法です。
この方法は二重整形の中でもメスを使わないことで有名であり、施術時間も短いのが特徴です。
施術が終わった後も埋没法であれば、まぶたがそこまで腫れないので整形したことがバレにくいのです。
メスの変わりに利用するのは、特殊な繊維で作られた糸で、この糸が一重に線を造り、二重にするのです。
腫れにくいといっても施術後はしばらく腫れている状態が続くので、自宅でゆっくりと過ごしておきましょう。
数日するとメイクもすぐにできるようになるので日常生活に大きな心配はいらないのです。
次に部分切開法という二重整形の施術に注目しましょう。この方法はメスを利用する施術であり、腫れが1週間程度続くのです。また全切開法と呼ばれる二重整形もありますが、この方法はより腫れが長く続くのですが、一重で腫れぼったい目であってもぱっちり二重になれる方法なのです。この施術では目の脂肪を取り除くことができるのでパッチリした二重になれるというわけです。
このようにどちらが自分の目に適しているか自分なりに考えてから施術を受けるようにしましょう。
そうすることで、理想の二重になれるのですが、施術の方法だけではなくクリニックによってもケアが異なるので、しっかり比較してから決めるようにしましょう。